社会福祉HERO’S

新年のご挨拶 By 社会福祉ライター①

読者の皆さまへ

編集部2019.01.01

あけましておめでとうございます。
このサイトへの思いとミッションについてお話します。

今まで社会福祉業界に携わる人たちは、どちらかというと『発信下手』でした。日々の業務に追われ、『伝える』ということをついつい後回しにしてしまう傾向にありました。これから日本は、少子高齢化がさらにすすんでいきます。つまりは自ずと、誰もが誰かを支えたり、支えられたりする社会になっていきます。そんな時代において、社会福祉の仕事は、より地域を巻き込み、かつ誰もが実践できるようにもっと一般化されていくべきものだと考えます。

その一方で、人材不足とか認知症についてとか『社会問題としての社会福祉』については、よく話題になります。だからこそ、人々はこう言うのです。『社会福祉の仕事って、大変だね。えらいね』と。社会福祉の現場にいるスタッフは、これらの声に違和感を感じてしまう。『大変じゃない仕事なんてないと思うし、けっしてボランティアでやっているわけでもない。私たちは、ケアのプロとしてご利用者一人一人の幸せのために、日々取り組んでいるだけだ』と。
だからこそ私たちは世の中のイメージと現場とのギャップを埋めていきたい。そのためにも工夫を凝らし、社会福祉のプロの仕事やリアルな思いを発信していきたいと思っています。

社会福祉の世界をもっとオープンに、社会福祉の世界をもっと身近にするために。

私たちは昨年の12月、このサイトをスタートさせました。社会福祉の現場のスタッフ自らが、社会福祉のリアルを発信していくWEBサイト「ひとりひとりが社会福祉HERO’S」。ご利用者の人生や地域社会を支えていくヒーローでありたい、その思いを胸に2019年も、様々な記事を発信してまいります。あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

ひとりひとりが社会福祉HERO’S
編集長 山田英治

 

-----
以下、社会福祉ライターからのメッセージと写真をご紹介いたします。

 

新年祝賀会で利用者さまが獅子舞に頭を噛まれている様子です。
獅子舞に頭を噛まれると一年無病息災で過ごせると言われています。
語呂合わせでも「獅子が噛み付くと神が付く」と縁起担ぎの意味もあるそうです!!
今年一年もいい一年で過ごせますように・・。
高齢者福祉施設に入職したばかりの新米事務職員が、ママ目線で介護に関わるママ職員をレポートしていきます!!介護ってなんだ?という基本から介護と育児と家事って両立するの?という疑問を記事にしていきます!

(社会福祉ライター さいかいっこ)

 

「巻いてー!巻いてー!ヨシ!」子どもが「夢中」になれる、そんな瞬間をサポートするスタッフの姿。
ソーシャルグッドな仕事をお伝えしたいと思います。

(社会福祉ライター なないろ園長)

 

今年もやってきました。元旦恒例もちつき大会!
「ぺったん♪ぺったん♪みんなで力を合わせて“ねばり強く”。
こねて、丸めて。美味しいもの(素敵なもの)をつくっていこう!!」

(社会福祉ライター Café45)

 

昨年1月の積雪の時に子どもたちが作ったちっちゃな雪だるまです。
東京西多摩郡の山の端にある我が日の出町は、都心が雨でも雪になること、しばしばです。
今年も地元で活躍する熱い「社会福祉HERO’S」を紹介していきます。

(社会福祉ライター おんぷマン)

 

毎年恒例!職員による門松2019!
社会福祉を面白く正しく発信していきます

(社会福祉ライター くろたか)

 

昔を思い出しながらの餅つき大会の写真です。私達の活動や取組を発信していきます。

(社会福祉ライター かわちゃん)

 

ご利用者さまたちと初日の出を拝みました。福祉が身近に感じられるような記事をお届けできたらと思っています。

(社会福祉ライター KW)

 

この記事をシェアする

一覧に戻る